完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

2025年以降に生き残れる組織、生き残れない組織!

2025年以降に生き残れる組織、生き残れない組織!

こんにちは!
コンサルディング事業部の榊原ことバリーです!
今日も金森社長のブログをジャックします!

あけましておめでとうございます!
皆さんはどんな年末年始をお過ごしだったでしょうか?
今年も沢山のお客様の笑顔と、自分の成長を(もちろん未熟さも!)実感し、いい一年にしていきたいと思います!

ファミリー(お客様)も、沢山の成果を得ていらっしゃいます。
経営改善、離職低減、組織活性…2025年以降、医療・介護の業界も競争が激しくなってくると予想されている中、様々な工夫を凝らして、皆さん生き残りをかけて準備を進めていらっしゃいます。

生き残れない組織≒メンバーの心折れる組織

コンサルティングサービスを提供していく中で、生き残れる組織とそうでない組織は明確に分かれる、と実感しています。
それは、メンバーの心が折れる組織と、折れない≒成長する組織です。
大きな問題に直面したとき、人の心がどうなるか?そこで折れてしまうか、それを乗り越えてより強く成長するかのどちらかです。

例えば…昨年のサッカーのクラブワールドカップ、鹿島アントラーズの惜敗!
サッカード素人な僕は、友人たちと後半戦~延長戦を見ていたのですが、途中まで鹿島がリードしていたときなど、「レアルにアントラーズが勝てる!?」と興奮して見ていました。いやぁ、本当に惜しかった!

だからこそ、終盤からの雪崩を打つような崩れ方、本当に残念で…!
(もちろんそこまで120%の力を発揮し続けたからこそだと思うのですが(>_<)!)
僕の主観なのかもしれませんが、何だか心が折れてしまったのが現実に反映してしまったような、そんな風に印象に残っています。

個人の資質に頼らず、心が強くなっていく組織とは?

医療・介護の現場で働く方がどんな思いを持っているか。どんな思いを持たせてあげることができるか。
それは意識づけする管理者の教育が大切になってきます。

問題が起きたとき、心が折れてしまう組織のメンバーは、
「頑張っても評価してもらえない、賃金にも反映されない」
「どんなに手厚く応対をしても感謝されることは無い」
「家族から転職を勧められさえする」

といったことを考えています。
心が折れない≒成長する組織のメンバーは、
「どうすれば利用者の皆さんに安心してもらえるかな?」
「何をしてあげると喜んでくれるかな?」
「支えてくれる家族には本当に感謝しています!」
といったことを考えています。

こんな皆さんに、「組織と個人の目標は重なる」と意味付けし、嫌と思えることをどう捉えるか導いていくのが管理者の役割であり、この役割に徹することができる管理者がいる組織が、士気高く生き残れる組織なのではないでしょうか。
ZACの管理者研修では、こんな風に現場の皆さんの意識を変えていくための技術を提供しています。

出来たこと、出来なかったこと、得たもの、失ったもの、いろいろなものがあったことでしょう。

でも、全ては無駄ではなくて、きっと将来の何かに繋がるものだと思っています。
僕も今年は、もっともっと飛躍できるように!
毎日しっかり振り返って、沢山の修正点を洗い出していきたいと思っているバリーでした。

今年もキックオフ!クラブW杯

ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

離職防止カテゴリの最新記事