「自分に合った職場」を探しているあなたへ

      2017/11/07

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,無意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

「投資」
 
この言葉からどのようなことを連想するでしょうか?
株、投資信託の購入、など金融関係の事をイメージされる方が多いかもしれませんね(^^)
もっともっとも~っと、広い意味で捉えると、どうでしょう?
明日の仕事の準備を今日やっておく時間や
10年後の自分の健康の甘いものを控える、
といっ、人生のあらゆることが投資と言えるのではないでしょうか。
 
「投資」の反対語は「消費」です。
消費は、真夜中ラーメンを食べいから食べる
ステキな洋服一目ぼれして衝動買いする
などといっ、生きていくめや気持ちのよい生活を送るめだけのものなります。
(消費がダメ、ということではなく、新しい観点を手するときは、消費することが重要だっりします)
 
「投資」と「消費」
このふつの違いとはなんでしょうか?
それはとる言動が未来を考えているか、今の事のみなのかという違なります。
 
 
これは、「自分合っ職場」探しの時も当てはまります。
仕事を探すとき多くの方が福利厚生、残業の有無、有給消化率、人間関係等を優先的検討して考慮するのではないでしょうか。
これは「消費」的な仕事探しなります。
(もちろん重要なことですので、しっかり比較検討は必要です^^
 
 
「投資」的な視点で未来の自分という観点から仕事を選択するなら、
僕は今置かれている環境よりも”将来的な価値”を大切することも必要じゃないかなというようお伝えしています。
つまり、自分の目標・目的の達成のために(将来の安定のために)
その環境をどのように有効に活用することができるか?という観点をもつことが大事、ということです^^
 
 
このブログをお読みなっている方は、現在何らかの仕事をなさっていると思います。
 
もし今後、「自分合っ職場」探しをするときは
「今欲しいもの」「今の安定」という観点からだけではなく、
「自己の成長」「将来の安定」という「投資」目線で選ぶことも考慮してみるとよいのではないでしょうか。
 
 
人事コンサルント
金森秀晃

 - コンサルタントの日々, 会社経営/コンサル現場のリアル