完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

時間がない管理職のための指導法

時間がない管理職のための指導法

係長・主任クラスの方々向けの研修をしていると
よく伺うお悩みのひとつに
部下の指導をしている時間がないというのがあります。

役職者とはいえ、まだ自分自身も現場の前線で立ち回らなくてはならない場合が多く、
「本当はもう少し丁寧にやりたいんだけど仕方ないですよね」
とちょっと諦めムードが漂ってしまうことも・・・(´Д`)

今日は部下のために!でも時間が・・・という方のために
部下が成長する指導法を共有したいと思います!

理想としては”説いて導く”ということなのですが
これに固執しなくとも大丈夫です!
かと言って毎回「ああして、こうして」といった指示ばかりでも考えものですよね。
なぜならその場は案件を解消できたとしても
指示ばかりでは部下は自分で考えることをしなくなり、成長できません。
結果、いつまでも人材が育たずマネジャーの忙しい状況も一向に改善されなくなってしまうからです。

時間がない時に使える指導法としては、
「それはなぜだと思う?」と問いかけるのが有効です。
一見すると「えー?!、時間がないのにこれをやるの・・・(+o+)!」とお感じになるかもしれませんね。

お気持ちは重々わかるのですが、
問いかけをする目的を、
”部下に正しい答えを言わせる”ことではなく
”部下が自分の意見を述べることに慣れさせる”ことにしてみるとどうでしょう?
これだったら、ちょっとやりやすそうな気がしてきませんか・・・?

なぜこの問いかけが有効かと言うと
”どんな意見でも言わせてあげる環境づくり”ができるからです。

部下に意見を求めてもなかなか出てこなかったり
自分で考えて動くことができないのは、
もともと意見や考えを求められる機会がなかった、というのがひとつの要因として考えられます。
ゆえに、本人たちにやる気がないわけではないのに、上司の指示を待つ状態に陥ってしまうんですね。
だからこそ、まずは辛抱強く問いかけることがが必要になります。

そして部下から少しでも意見が出てきたら、
「いいね、そのアイディアさらにこうすると〜」と言ってあげて本人のモノにしてしまった方が
”意見を言っていいものなんだ”と安心感を得られますし、
部下の自ら考える力を育み成長させることができます。
結果、マネージャーの皆さんが本来やるべきことに注力できるようになります。

一見手間も時間もかかりそうな感じがしますが
成長には遅いように見えることが、実は一番早かったりしますよね。

時間が限られて、毎日は難しい・・・と感じることもあるかもしれませんが、
まずは言ってみる事からヽ(´▽`)/
ぜひトライなさってみてください!

人事コンサルタント
金森秀晃

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

教育制度カテゴリの最新記事