完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

嫌だったことが楽しみに変わる?息子が妹のちょっかいを楽しむようになった〇〇感覚とは?!

嫌だったことが楽しみに変わる?息子が妹のちょっかいを楽しむようになった〇〇感覚とは?!

こんにちは!
サロン事業部 エナジーサロンFee’z 店長 田中稜士です。
今日は僕が院長ブログをジャックします!

皆様は、子供や部下が問題にぶつかってくじけそうになっていた時にどうやって声を掛けようか悩んだことはあるでしょうか?
(僕は毎回、どうやってその事態を前向きに捉えさせようか考え込んでしまいます…笑)
僕には4歳9ヶ月の息子と、1歳3ヶ月の娘がいるのですが、先日2人の子供と遊んでいる中で”ゲーム感覚を持つこと”の新しい概念に気付かされたことがありましたのでお話させていただきます!

4歳の子供と言えば、自分と他人の区別がはっきりついてきて、お互いの心を理解できるようになってきたり、
空間認知力が発達してきて、ブロックやパズルで遊ぶと説明書通りに作れるようになっていく年齢です。
沢山の事が自分でできるようになるのが楽しい時期という事もあり、挑戦しているときに邪魔をされるとコロッと不機嫌になってしまう事もあります。
(一度怒ると手に負えないほど大変ですよね…)

我が家でも頻繁にそんなシチュエーションが勃発するので、どうやって対処しようか頭を抱えていました。
とある休日の事、再びその場面がやってきました。

抱っこ,せがむ,子ども

息子と娘と僕の3人でブロック遊びをしていた時に、息子が一生懸命に作っていたロボットを、娘が「ガッシャーン!」と叩き壊してしまったのです。
予想外の出来事に、息子は怒り散らして「○○(妹)がいるとブロックで遊べない!!○○は来ないで!!」と、娘を1人にして違う部屋でパパと遊ぼうと言い出してしまいました。

娘を1人にすることもできずに、どうすればこの時間を皆で楽しめるか?息子は今どんな心境なのか?を考えていると、自分の仕事の時も同じような事があることに気が付きました。

僕は現在、店舗展開に向けて様々な事を進めています。

ですが、時に予期せぬ事が起こると、慌てて時間をうまく調整できなかったり、施術に入る時に気持ちの調節が完全ではないまま施術に入ってしまうような事がありました。
このままでは、「どちらも疎かになりお客様に迷惑をかけてしまう…!(T_T)」と思い、業務に専念できる時間を作れないかを院長に相談してみました。

すると院長はこんな事を教えてくれました。
それは、”ゲームのように目の前の事を楽しむ”ということです。

「次々に起こる問題を前提にして、より良くする為の材料として問題を待ちわびてみよう(^^)」

僕はこれを聞いて、問題が起こったら嫌なのに、それを待ちわびるなんていう気持ちをどうすれば持てるのか不思議で仕方ありませんでした。
ですが、院長の言葉を思い出しながら少し見方を変えてみると、
問題は起こるものだと思ってなかったので、起きたときに「うわ~、問題だ(;^ω^)」と焦ってしまうのだと思いました。

本来は、何かを成し遂げようとする時、1回でうまくいくなんていうことはなかなかないと思います。

問題が起こり対策を立てていく事で少しずつ成功に近づいていくので、問題は成長のチャンスとあらかじめ思っているだけで、事が起きた時の捉え方が全く変わってきますね。
この捉え方の違いを改めて認識させていただいたことで、”問題は必ずあるものだ”と以前よりもドンと構えられるようになり、プロジェクトの精度も上がっていきました。
自分から問題を探す事で心に余裕ができたからか、お客様への応対にもゆとりを取り戻す事ができたのです!

そして、この出来事を思い出しながら息子に「さっきのロボット見たけどすごいよくできてるね!次は○○(妹)がいる中で、さっきのロボット作れたらかっこよくない?(^^)♪」と、伝えてみました。

すると…

最初こそ妹に壊されていましたが、その後は壊して良い用の簡単なロボットを何個も作って壊させながら時間稼ぎをしてみたり、
すぐ壊れるロボットがだめだとわかったら、違うものを作って妹が気に入るか試してみたりと、問題があることを前提で様々な策を講じ始めたのです( ゚Д゚)
それから、ブロックで遊ぶ時には、初めにブロックで妹用のアイスクリームを作ってから遊ぶようになり、今では集中できる環境でロボット作りに取り組めるようになりました♪
子供だからこそ、1つきっかけが変わるだけで嫌な事も楽しいことに変えられたのかもしれませんね。

甥っ子,学び,微細な変化

今回、そんな純粋な子供がこの行動の変化を示してくれたおかげで、一見大変そうに感じる前提を変えるということも、捉え方ひとつなのだと改めて学ばされました♪
皆様も、問題に直面してくじけそうなときや、そんな相手を前向きにしたい時、これは”面白いゲームがやってきた”と捉え直してみて、ワクワクした状態で問題を待ちわびてみてはいかがでしょうか?(^^)

ZAC、Fee’zはこれからも、多くの方に希望の火を灯していけるよう、社内外問わず問題を前向きに転換していく組織であるよう精進して参ります!

サロン事業部
エナジーサロンFee’z 店長
田中 稜士

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

部下のモチベーションカテゴリの最新記事