完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

希望を見出すには、「●●」を設けよ?!

希望を見出すには、「●●」を設けよ?!

こんにちは!
管理部の佐々木です。
今日は私が金森ブログをジャックしたいと思います!

先日、金森がとある女性社員のエピソードをブログに書いていたのですが
あのブログの社員は、実はわたくし、佐々木なのです (^^ゞ

今日はその時のエピソードを、B面(佐々木目線)として書いてみたいと思います。
あらましとしては、
佐々木のPCが突然故障してしまい、「仕事ができない」と嘆いたところ
金森が「それは仕事ができない人が言う言葉だ」とたしなめる所からになります。

=========

「それは、仕事のできない人が言う言葉だよ」

 

急ぎの仕事があるのに、突然のPCの故障。
「仕事が出来ないです」
と嘆いていたら、
金森社長からたしなめられたときの言葉です。

「はい、気をつけます」とはいったものの・・・
発言の真意が分からず、
「そんな事いっても、仕事ができないんだから普通言いたくもなるんじゃないのかな・・・」
と正直いって、内心ものすごくモヤモヤしていました。

ですが、金森社長は意図がない発言はしません。
その時の社員に何か気づかせたくて、その時にふさわしい言葉を選んでいる、いつもそんな風に思っています。

特に、社員自身が納得いかなかったり、モヤモヤを抱えているときは必ず意味があるんです 笑
ということで!その時の私は、モヤモヤを抱えながらも、とにかくやってみよう!と気持ちを切り替えたのでした。

PCが使えないという「制限」がある中で
できる事をさがしてみると、
・クライアント先へ電話
・他の事業部スタッフへのナレッジ電話
・気になってたけど後回しにしていた、過去の書類整備
などなど、意外にできる事がたくさんあった事に気が付きました。

その瞬間、頭の中でパチン!とはじけるように、
金森社長が自分にかけた言葉の意図が分かったような気がしました!!!

なるほどーー!
できないという「制限」を感じることで初めて、ヒトはできる事を探し始めようとするんだなと気付けたんです。
そう思うと、できないと感じることも決して悪いことではないし、むしろまだできる事があるという希望を見いだせるのではないか、そう思うことができました(^^)/

この気づきを社長に報告した所、
目を細めていました。←表情がすべてを物語ってました 笑

自分の思い通りに行かない事があった時ほど
「もう無理だ・・・」と凹んでしまいやすくなりますよね。
そう思いながらも「何か意味がある」と解釈することで活路を見いだせる。
ZACが研修やコンサルティングで必ずお伝えしていることを、身をもって体感し理解を深めることができました。

こういう気づきがあると確信しているから、
自信をもってクライアントの皆さんに提案ができる。
そういう仕事に携われることに改めて、「幸せ者だな~」と思ったのでした 笑

お読みいただき、ありがとうございます!
管理部 佐々木でした(^^)

組織活性カテゴリの最新記事