完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

コンプライアンス研修の必要性

コンプライアンス研修の必要性

そもそも、コンプライアンスとはなんでしょうか。

一般的に法令順守と言われることの多いコンプライアンスですが、
実際はそれだけではありません。

社内や社外の規範を守ることや、
経営理念や価値観に合った行動をすることなどを指します。

会社から仕事に使うためにもらったボールペンやメモリーなど
私用に使うのは??

会社のパソコンで個人的なことを調べたりしていませんか?

社用携帯で家族や友人に連絡を取る

このような「会社のものは自分のもの」という考えに
はっ!っとした方もいらっしゃるのではないでしょうか?
会社にあるもの・業務で使うためにもらったものはあくまで会社のものです。
それを個人的な理由で使用してはいけませんね。

これもコンプライアンスの一例です。

弊社にも、近年個人情報の管理については非常に顧客の関心も高く、
問い合わせが絶えません。

コンプライアンスの中でも個人情報が流出してしまった場合、
法人の存続にかかわることにもなりかねません。
意識が高くなるのは当然ですよね!

個人情報でなくとも、
仕事や取引の情報などが漏れないように
細心の注意を払う必要があります。
社会福祉法人、社会医療法人様だと公開の義務がありますが、
それにしても「ダダ漏れ」というのはよくないのではないでしょうか。

外で会社の話をする時。

机の上の書類は大丈夫ですか?

家に仕事を持ち込んでやっていませんか?

ええええ!!!この質問にびっくりされた方!
要注意ですよ!

こういったことも、具体例をあげて研修では学んでいただきます。

近年、SNSが普及してきたことで、
ついつい社内情報や仕事について書きこんでしまい、
情報が漏えいしてしまった、なんてことも多々あります。

気軽な気持ちでやったことで自分や会社の人生が大きく変わってしまうこともありますので、コンプライアンスについてしっかり心に留めておく必要があります。

コンプライアンスに関しては、
基本的なことと、
業種によってより重点的に行わなければいけないこと。
また法人として重視していることなどがあります。

なかなか研修だけではカバーしきれない部分もあるかもしれませんね。
これからは外部研修と内部研修の両輪で
しっかりと回し続けていくことが大切になってくるでしょう。

人事コンサルタント
金森秀晃

【業界騒然!医師評価制度コンサルティング!!】

「医師を評価する!?」と仰天の方も多いのですが、
心の中では「評価されていることを望んでいる」ドクターは
多数いらっしゃるのではないでしょうか!

ZACの370件以上のコンサルティング提供実績から、
特に「医師の評価」に関するコンサルティングに絞ってご提供!

詳しくはこちら!!

↓ ↓ ↓

医師,評価,制度,基準

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

研修・コンサル導入カテゴリの最新記事