完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

目に見えないものを信じる力

目に見えないものを信じる力

例えば、幼い我が子から
「パパとママを選んできた」
と言われたら、あなたは信じるでしょうか?

はたまた、幼い子どもが
大人の僕らからは何も見えないのに
「今ね!ゆらゆらのおじちゃんと遊んでるのー!」
と無邪気に”そこの漂うナニカ”と遊んでいたら(戦慄。笑)、
信じることができるでしょうか?
(ちなみに、これはスクールの生徒さんのお子さんの話ですが
年を重ねるごとにゆらゆらのおじちゃんは
見えなくなったらしい。笑)

これらを子どもの戯言、嘘や幻想
と片づけるのは少々もったいないと思います。

ここから学ぶべきは、

この世には
・目に見えないモノ
・科学的には証明できないモノ
・にわかには信じられないモノ

つまり、自分の常識、想像を超える何かが
たくさん存在するのだということです。

むしろ、自分たちが見えているモノ、
知っているモノの方が少ないのでしょうね、きっと。

それでも僕らは傲慢にも、
見えているモノがこの世のすべてだと言わんばかりに
そういった”ナニカ”の存在を空想の産物、
戯言、フィクションだとラベルを貼りたがる生き物です。

ということは!
その逆張りをした方が
可能性が無限に広がるということかもしれません。

back numberさんの名曲「水平線」の歌詞にもあるように

「自分の背中は見えないのだから恥ずかしがらず人に尋ねるといい
心は誰にも見えないのだから見えるものよりも大事にするといい」

そういうことなんでしょうね。

自分が知り得ないことや目に見えないものの存在を安易に否定せず
あるかもしれない!と思って挑み続ける人生の方がお得じゃん!

せっかくの人生、楽しく豊かに生きたいですね( `ー´)ノ

人事コンサルタント
金森秀晃

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

組織活性カテゴリの最新記事