完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

やってみなはれ

やってみなはれ

人間は基本的に、未経験の事を進めるときは大なり小なり何らかのメンタルブロックが生じやすいように思います。
(本能的に、身の危険を察知するからなのかもしれませんが・・・)
それは、やってみる前から
”すぐに上手くいくこと”を考え過ぎているからです。
するとやってみるまでのハードルがどんどん上がり、
時間が経ち過ぎて機会損失、なんてこともあるかもしれません。

もしたじろいでしまった時に、
ちょっと前に進んでみようかな、と思える言葉を今日は紹介したいと思います!

「なんでもやってみなはれ、やらなわからしまへんで」
サントリー創業者の鳥井信治郎氏の言葉です。

どうしていこう,未来,これから

自然界ではよく種と果実に例えられますが、
こうすれば(原因=種)、こうなる(結果=果実)
というように、どのような行動をとり続けるかで
結果が得られるかどうかが変わるとされています。

しかし、実際は種をまいても芽吹きがない場合もあるように
こうしたから絶対にこうなるとは限りませんよね。
私達がいくら予測を立てても、必ず期待通りにいかないのが普通です。

そんな自然界では、
人間の思考で、こうすればこうなる。
と考えるだけでは、
実際に起こることは、
とても想定できないものですね。

自分,考え,部下の退職

ましてや、今までにやったことのないことは、
チャレンジの結果がどうなるかは、
やってみなければわかりません。

そして、どんな結果になったとしても、
そこから先にチャレンジを進めていくことで、
たどり着きたいところに、近づいていくものです。

出る結果は、
あくまでも、目標への道標です。
まずはやってみなければ、
目標にはたどり着くことはできません。

その過程に失敗はなく
失敗と言えるものは、
むしろ何もしないこと、
結論をださないままうやむやにしてしまうことだと思います。

鳥井氏の言葉は、まだ行動もしていないうちから
上手くいく結果が得られるかを先案じする
私達の背中を押し、
考える前にチャレンジせよ、というメッセージのようです。
新しいチャレンジをしようとしている方の
後押しになりましたら幸いです!

人事コンサルタント
金森 秀晃

ZACパートナーコンサルタント説明会!

CTA-IMAGE 医療介護業界随一の実績・ZACがコンサルタント未経験からの開業をサポートし、新規開拓なしの夢のビジネスモデルを提供するパートナーコンサルタント制度について、余すところなくお伝えします!

組織活性カテゴリの最新記事