人事評価制度の導入のメリットは?

      2017/04/19

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,無意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

前回、人事評価制度が定着しないことについてお話しさせていただきました。
確かに病院の人事評価は難しいものだと言われています。
しかし、 導入することで沢山のメリットが生まれるのでご紹介しますね!

1 スタッフの成長につながる
スタッフは自身の仕事への取り組みを反省し、次に生かすことができます。
上司も、部下の仕事を確認し、次の教育につなげることができます。
これを積み重ねることで個々のスキルが成長します。

2 よい上下関係が生まれる
上司と部下の関係が明確化され、指導がしやすくなります。
上司と部下がお互いに関心を持つというよい上下関係ができます。

3 モチベーションを高める
すべてのスタッフの賞与支給率や給与改定率を同じにすると、
スタッフは「頑張っても意味がない」とやる気が低下していきます。
個々の努力を評価する仕組みを導入することで、モチベーションを高めます。

どのクライアントさまもスタッフの成長を願っておられます。
またモチベーションをいかに上げ、保っていくかを課題にされています。
研修や教育も必要ではありますが、その土台となる制度こそ重要ではないかと思うのです。

変革の人事コンサルタント 金森秀晃

 - 人事評価制度コンサルティング