完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

今、話題の映画『コンテイジョン』に学ぶ、コロナへの向き合い方

今、話題の映画『コンテイジョン』に学ぶ、コロナへの向き合い方

今、世界で話題となっている、「コンテイジョン」という映画をご存知でしょうか?

『オーシャンズ11』などで知られるスティーブン・ソダーバーグが監督を務め、
2011年に公開された映画です。
マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレット等々、
豪華なキャストによって製作されています。

コロナウイルスとは重篤に陥る確率や潜伏期間などが異なるということはあるものの、
広がり方や政府の対応、都市封鎖、フェイクニュース、民衆のパニックなどは、
今だからこそわかるリアリティがありますね。

それもそのはず。
製作者側は、CDCなど専門機関に綿密な取材の上で製作したそうです。

 

コンテイジョン,フィッシュバーン,映画

中でも印象的だったのは、「命に値段がつく世の中である」ということです。

助かるための情報(映画でいうところの都市封鎖のタイミングなど)はもちろんですが、
何より象徴的だったのは、

ワクチンが配られる順番

でしょうか。

最後、抽選でワクチンが配られるタイミングを決めていく場面があるのですが、
CDCの職員や中枢に近い人物とその家族、
また、富裕層には優先的に配布されるという場面があります。
(ワクチンを手に入れるために誘拐も画策されたりしますが、
偽物を掴まされたりと結局あまり功を奏さないという様子も描かれています)
綺麗事だけでは語れない現実を見せつけられた気分です。

良い、悪いということではなく、パニックになったときに、
自分や大切な人の守り方はたくさんあると思いますが、
いずれにせよ、最悪の状況を今のうちに考えておくことは
漠然とした不安と戦うためには有効な手段だと思います。

コンテイジョン,ジュードロウ,ワクチン

恐怖を煽って荒稼ぎして選択肢を増やす人生か
列に並ばなくても優先的にワクチンを手にする人生か
列には並びながらも感染リスクを犯さず自分も人も守る人生か

他にも色々とあると思いますが、
経済含めて、どのように生き残っていくか、戦うかは
最悪な想定の具体的イメージから始まるような気がします。

この外出自粛はしばらく続くと思いますが、
最悪の想定をして、その中でいかに戦うかをこの機会に
ぜひ、一緒にイメージし、一致団結してコロナと戦っていきましょう。

人事コンサルタント
金森秀晃

ZACパートナーコンサルタント説明会!

CTA-IMAGE 医療介護業界随一の実績・ZACがコンサルタント未経験からの開業をサポートし、新規開拓なしの夢のビジネスモデルを提供するパートナーコンサルタント制度について、余すところなくお伝えします!

リスクマネジメントカテゴリの最新記事