完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

業界再編加速!?次回​、薬価改訂に向けた準備、もう始めていますか?

業界再編加速!?次回​、薬価改訂に向けた準備、もう始めていますか?

「薬局改革の元年」といわれる2016年薬価改訂では、従来型の​いわゆる​門前薬局には相当厳しい改訂がなされました​。

一言で言ってしまえば、
「対物業務から対人業務への転換」
という改定となりましたが、
次回以降の薬価改定においても、更にその流れが加速する見込みと言われています。

いわゆる「かかりつけ薬剤師」というシステムですが・・
確かに、病気のことも含めて自分のことをよく知ってくれている薬剤師さんから
説明を受けることが出来たりしたら
患者側としても安心ですし、毎回同じことを伝えなくてもよいし便利ですよね。

しかし・・・
この「かかりつけ薬局」制度。
この業界の大半を占めると言われる​小規模薬局にとってはかなりハードルが高い!!というのも事実かと思います。
(かかりつけ薬局は、「服薬情報の一元的・継続的把握」
「24時間対応・在宅対応」「医療機関との連携」​この3点を核として展開されます​)

まず、様々な医療機関かかる患者さんのお薬を一元管理するわけですから、
幅広い知識が求められるだけでなく、薬局としては在庫の管理、構造設備、品質の管理、色々な管理や準備が求められます。
情報の共有のシステム、そもそも在宅や24時間対応ができるようになるための人員の確保、
組織としての課題も増えてきます。。​

次に、かかりつけ薬剤師は、患者の服薬情報や残薬管理とともに、患者に対する24時間対応が求められます。
かかりつけ薬剤師が対応できない場合、連携先の薬剤師さんと情報を共有しておくことも必要になります。
その他にも、OTC医薬品やサプリメントの知識、在宅実績等々・・・
様々なものがもかかりつけ薬剤師に求められる要件となっています。​
​​また、​​「信頼を得る」ためのコミュニケーションスキルなんかも求められるかもしれませんね。

とにかく、
ハード面、ソフト面において今より一皮むけないと対応できない薬局が多い!
ということになりますね(>_<)
(確かに小規模な門前薬局ですとかなり苦しい展開ですね)

資金があれば設備面はなんとかなるかもしれませんが、
24時間対応できて、OTC・サプリメントなどを始め様々な科のお薬に精通し、
患者さんと強固な信頼関係を築くことのできる​コミュニケーションスキルを有した薬剤師さんが
一瞬にして育っていく仕組みが整うかというと・・・

それも正直厳しい(>_<)!
(採用したくてもそんな薬剤師さん引っ張りだこ過ぎてなかなか市場にでてきません!)

しかし、国がこの方向性に沿って動いていくというこも事実です。

こんな状況を打破すべく、今からでもしっかりと人材の育成や組織として
人材の流動性を高めるための仕組み作りに着手される法人様が増えてきています。
(具体的には、教育制度・人事評価制度・賃金制度の整備がメインですね)
業界再編が成されて、吸収合併などが起こりうるかもしれませんが、
いずれにせよ、「かかりつけ薬剤師」となれる人材を育てたり、
組織の仕組みを変えていかない限りは、薬局・薬剤師としての市場価値も下がります。

つまり、教育や制度改革は、調剤薬局企業において、
とにもかくにも、待ったなし!!の緊急課題!!

どうしてよいかまだわからない、何かやらなければと思うけどどこから手をつけてよいかわからず迷っているという方がいらっしゃいましたら、
是非一度、弊社コンサルティング事業部までお声がけください​(^^)/
様々な事例を元に、課題解決に向けてのご提案をさせて頂けるかと思います♪

人事コンサルタント
金森秀晃

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

賃金制度カテゴリの最新記事