完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

戦士に学ぶ~「負けは死も同然」のマインドセット~

戦士に学ぶ~「負けは死も同然」のマインドセット~

先日のフィギュアスケート 世界選手権、
全国民の期待を一身に背負った戦士、羽生結弦選手が登場しました。

羽生選手は、フリーをほぼ完璧な演技で終え、
新ルール導入後初の300点台突破となる世界最高得点をたたき出しました。
しかし、結果は準優勝。
ハイレベルな戦いを制したのは、ライバルのネーサン・チェン選手でした。

多くの観衆は、気迫のこもった彼の演技を前に、
「よくやった、さすが羽生結弦。
でも、仕方ない、今回はネーサン・チェン選手が強かった。」
と思ったでしょう。
私もそう思いました。

しかし、
「このマインドセットがオリンピック連覇を成し遂げた王者の
王者たる所以なのだ」と痛感させられたのがこちらのコメント。

「やっぱり、負けには負けという意味しかない。
はっきり言って、自分にとっては負けは死も同然だと思っている。本当に、本当、勝ちたい」

執念,クライアント,何とかしたい

私たちは普段、ベストを尽くそうという思いで仕事をしたり
スポーツをすることがあっても、
「負けは死も同然」
と捉えることはほとんどないのではないでしょうか?

私たち凡人には、羽生選手のようなレベル感では到底行動できないと思いますが、
この「負けは死も同然」と捉えるということは、すぐにでもマネできることのように思います。

この仕事を3分でできなかったら「負け」と思いながら仕事をしたら、もっともっと自分の持って生まれた能力を活かせそうですし、
このシュートを決められなかったら「負け」と思いながら毎日練習をしたら、試合でシュートを決めることも難なくできるようになるかもしれません。

積み重ね,ステップアップ,成長

そういう意味では、一つひとつの勝負に拘り、細かく戦い続けることが、
勝てる人間になるための秘訣と言えるのかもしれませんね。

負けは死も同然、そのマインドセットだけでも、見習わせて頂きたいと思います!

人事コンサルタント
金森秀晃

金森秀晃LINE公式 友達募集中!

            CTA-IMAGE 限定動画や特別なクーポンもお届け! 是非ご登録くださいませ。

組織活性カテゴリの最新記事