「普通」は存在するか?

      2017/10/04

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,無意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

僕だったらこうするのに。

普通はこうじゃない??

あなたにも身に覚えがないだろうか?

「自分だったらこうする」

そう思っていることは、

必ずしも相手ができることではありません。

「普通」は存在しないと思おう!!

例えば、部下にAという仕事を頼んだら、
A’をしていた。

なんていうことは、よくあると思います。

考えたら「普通」Aだろうと思うのですが

(僕も思うことは日常茶飯事)
しかし、相手の解釈は何通りにもなるものです。

だから、

これって「普通」なのに・・・・

と思ったら危険信号。
ちょっとした仕事だとしても、
丁寧にポイントを伝えることが大切。

「ひと手間」
これもあれも、と細かく伝えると、
「そんなことわかってますよ」
と言われるかもしれない。

煙たがられるかもしれません。

何より、自分の業務もいっぱいっぱい

やることは山ほどある・・・

細かく指導する時間がないよ。
そう思われるかもしれませんが
後からフォローする時間や、
やり直しする時間よりは、
指示する時点で正確に伝わっている方が
時間がかからないですよね。

お節介だと思われるくらい、
ポイントを伝えてちょうどいい。

相手の理解のために
「ひと手間」を惜しまない。
忙しい仕事の中では大変かもしれませんが、
是非チャレンジしてみてください。

人事コンサルタント
金森秀晃

 - コンサルタントの日々, 離職防止/組織活性コンサルティング