完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

「ずっとお付き合いさせていただきたいお客様」と「すぐにでも縁を切りたいお客様」

「ずっとお付き合いさせていただきたいお客様」と「すぐにでも縁を切りたいお客様」

なんとも過激なタイトルですが、
実際のところ、「選ばれるサービス」を提供している多くの企業や個人事業主の方々は
「ずっとお付き合いさせていただきたいお客様」と「すぐにでも縁を切りたいお客様」を
明確に設定されていると思います。

ZACでもご多分に漏れず、その設定をさせていただいています。

こんなことを公共の場でいうと、必ずといっていいほど

・お金をたくさん払ってくれるお客さんしか相手にしないんですか?
・クレームを言ってくるお客さんは切るってことですか?
・成果が上がらないお客さんは見捨てるんですか?

というメッセージをいただいたりすることもあるんですが、
違います!!180度違います!!!

・払って頂いた額で決めるようなことはしません
・クレーム、ご意見大歓迎!
・成果が出るまで、お客様よりも拘ってやり続けます

じゃあ何を基準に決めてるんですか?

その答えは・・・

「自分の行動と人生、結果に責任を持とう」

という意志があるかないか!
(つまり、他責でなく自責かどうかということです!)

その1点に尽きます。

わかりやすいので、研修事業でいえば

「お金は払うからなんとかしろよ」

というスタンスのところとはお仕事をご一緒したくないということになります。

もちろん対価を頂くからには、私どもも持てる力を最大限持ち出し、
成果をあげるために全力を尽くします。
結果のために責任を取る覚悟で挑むわけです。
しかし、研修が一過性の「刺激」で終わることを私たちは望みません。
刺激をいかに現場に定着させていくか、そのためにどんな刺激を加えようか
その部分について、しっかりと考えていく過程にこそ、
組織を変える秘訣が隠されているわけです。

ですので、お金は払うから、とりあえず当日なんとか頑張ってよ
というスタンスの(丸投げ)ところとは、
正直、お金をいかに積まれてもお断りせざるを得ません。

つまり、もう少し具体的に申し上げると
「効果を考えて、そのためにZACをどう使ってやろうか!
そのためにZACからどんな解決策を引き出してやろうか!」
くらいの気持ちのお客様とは
もう一生お付き合いさせていただきたい!!と思うのです。

そのくらい真剣だからこそ、厳しいお言葉もあがってくると思いますし、
話し合いを求める場も増えてくるはずです。
その場が密度濃くなればなるほど、組織は必ずよくなる。

そういう組織が増えることが僕らの幸せなわけです。

幸いなことに、今ZACの周りは、そういう気概をもった方、法人様であふれています。
(紹介で契約頂くところも多いので、そうした引き寄せて頂いているのだと思います!
いつもありがとうございます!)

そうしたお客様のお声に答えられるよう、
僕はもちろんのこと、スタッフ一同自己研鑽に励み
よいサービスを提供し続けて参りたいと思います!

引き続き、宜しくお願いいたします!

人事コンサルタント
金森秀晃

その他カテゴリの最新記事