「若者」の概念を変えてくれた人

   

10年以上スクールをやっていると、
以前、銀座のスクールで学んでいた生徒が全国各地、
あるいは海を越えて海外に拠点をもっていることもあります。
 
先日の名古屋での出張の帰りに、
そんな生徒の一人と先日お会いしてきました。
 
彼女との出会いは数年前。
 
「社会に希望がもてない」
「営業は人を騙すものなのではないか」
「未来にも希望が抱けない」
 
彼女は、社会人になって、心が伴わない仕事を続けることに当時苦しんでいました。
それでも「会社人」としての役割を果たすため、
ある意味心を「無」にして毎日を過ごしていました。
 
 
当時、私が抱いていた「若者」の印象は、
・活力がない
・すぐに諦める、甘い
・根性がない(笑)
 
根性論は大っ嫌いなのですが、
そうはいっても根性がなさ過ぎるのではないか
そんなことを思っていました。
 
 
「きっと伝えても届かない・・・」
 
そんな印象を持っていたのかも知れません。
 
 
それでも、本気で向き合い、
志や理念、熱いことを恐れずに伝えていけば、
こんなにも打てば響く、
どんどん自分で課題を見つけて進化する、
当時の僕にとっては、衝撃的なことばかりでした。
彼女は、授業の度にまさに水を得た魚のように変わっていきました
 
 
すぐに諦めていたのは、僕の方だったのかもしれない。
そんなことを気付かせてもらった大切な生徒の一人です。
 
 
「金森先生のように、たくさんの人を救えるカウンセラーになりたい」
 
 
彼女は、東京を離れた今も、キャリアアドバイザー・カウンセラーとして、
その夢、想いを貫いてくれていました。
これほど嬉しいことはありませんね。
 
 
女性には人生の転機がいくつもあります。
 
 
その中でも「自分の選択」を大切に、
目標・動機を抱いて、自分の人生を生きる彼女の生き方はとても美しい。
 
 
初心に返る機会をいただいたような気がします。
 
今日も一日頑張ります!!
 
 
人事コンサルタント
金森秀晃

 - ZACについて, 未分類