完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

自分の中の”時間泥棒”に気付く

自分の中の”時間泥棒”に気付く

なぜ、やれどもやれども仕事が終わらないのだろうか・・・
いつも忙しくて気が休まらない。

もしかすると、自分で自分の”時間泥棒”になってしまっているかもしれません。

※時間泥棒とは・・・
ネガティブな言動で周囲の人間のモチベーションを削いでしまったり、
自分の行動に責任を持たず、会社や同僚・上司に責任転嫁をしてしまうこと。

自分の時間泥棒になっているとき・・・
それは悩んでも仕方のないこと(自分でコントロールできない事)を
悩み続けてしまうときです。

悩みの中で最も多いのが
他者の意見に振り回されることです。
上司が何を考えているか、
同僚と比較して、どう評価されているかなど、
あれこれと思いをめぐらせてしまいます。

悩んでいては時間がもったいない!
そう分かっていながら悩んでしまうのは、
脳の仕組みに原因があると言われています。
ですので、悩んでしまうことを悪く捉えず、
「あ、私の脳が活動してるな」くらい
ライトに捉えると客観視がしやすいように思います。

もしも、時間泥棒になっていると気づいたら、
すぐにその場を離れて違うことをやってみましょう。
例えば、散歩をする、運動をする、紙に書き出すなどです。
自分なりの切り替えスイッチができてくると
一瞬で自分悩みの堂々巡りから抜け出すことができるようになります。

限られた時間、ぜひご自身のために、
大切な方のために大切に使っていきたいですね(^^♪

人事コンサルタント
金森 秀晃

未分類カテゴリの最新記事