完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

100%目指さないことが100%?!

100%目指さないことが100%?!

「100%完璧な仕上がりを目指す」

仕事にこだわりを持って取り組む方であれば、そのように取り組んでらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

先日、私が尊敬している経営者の方と会食をする機会があったのですが、その時に
「金森くん、良い人材を育てるなら100%を目指させないことが重要だよ。むしろ60%を目指してもらうように導いてあげる方が大事だよ」という言葉をかけていただきました。

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

とはいっても、100%を目指さないと60%も目指せないんじゃないかな・・・(^^ゞ
そう思い、その言葉の背景を知ろうと、さらにお話を伺いました。

前提としては「ひとりでは100%にすることはできない」ということ。
他者と意見を交わして修正を繰り返すことで、初めて100%に近づけるのだそうです。
「ひとりで100%だ!と思ったものは、あくまで“自分の中”だけのものだよ。
良いという評価は自分ではなく社会がしてくれるもの。だったらみんなで作っていかないとね(^^)」
グラスを傾けながら、そうおっしゃっていました。

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

つい仕事に没頭してしまうと、自分の満足いくようにやってしまいやすいですが、評価を獲得するために、と考えたら自分の100%が出来上がる前に、他の人と意見を交わしてしまった方が良い評価が得られるスピードが速くなるということなんでしょうね。

人事コンサルタント
金森 秀晃

 

この発想は「2種類の責任感」にも通じるとも言えるかもしれませんね。

組織,活性,診断,無料

部下のモチベーションカテゴリの最新記事