こんな生徒は困る?!なかなか成果を出せない人の​たった一つの​特徴​!​

   

お前が悪い!

弊社にはハンドリフレクソロジーのスクール、マナースクール、カウンセリングのスクールなどなど
様々な分野でのスクールがあり、毎年1000人を超える生徒さんが学ばれています。​​

ZACのスクールに通う方々は、本当に素直で、謙虚で、
とにかく講師のいうことを実践してフィードバックし、修正を繰り返し、
確実に欲しい成果を獲得しくださいます。

それは、コンテンツや教え方ということももちろんあるかもしれませんが、
実は、もっと深い理由があるのです。

それは、「成果が絶対に出ないお客様」は最初の時点でお断りしているからです。

では、どんな方は、お断りなのか?

それは・・・

徹底他責

の方(笑)

たとえば、過去あった例ですが
「某マナースクールに通っていたけれど、全く成果がでない!
先生がよくなかった!全然変わらなかった!」ということで弊社にお越し頂いた方がいらっしゃいました。

入校前の面談の際、僕は残念ながら入校をお断りしました。
明らかに今のままでは何を伝えても成果を得ることが難しいと思ったからです。

「その先生からはどんなことを習ったんですか?
それをどんな風に活用しようとしてみましたか?」

この質問に、
「教わったけど、変わらなかったのよ!
だから新しいものを習いにきたの!」

という回答が返ってきたのです。

ちなみに、
・その方の使用後のトイレはぐっちゃぐちゃ
・すれ違うスタッフに挨拶すらしない
・かばん投げるようにおく
本当にマナーを学びにいらしているのか疑問が残りますよね。

この方は成果がでないことを完全に以前の先生のせいにしている。
「お金を払ったんだから通っていれば私を変えてくれるはずでしょ。」

そんな心の声が聞こえてくるようでした。

でも、人間が何かを変えたいと思ったら一番大切なのは、
すべてを「自責」で考えることですよね。

それがないと何を習っても、何に触れても、変わることはできません。

ちなみに、その方は、
その時は「そんな上から目線なマナースクール、こちらから願い下げだ!」と
大変お怒りになって帰られましたが、数週間後、
「考え直したからもう一度チャンスがほしい」
とご連絡を改めていただきました。もちろん、お受けしましたよ(^^)/

何か、答えがほしい!自分を変えてくれるものがほしい!と思ったときは、
まず最初に自分に問いかけてみましょう。

「他責」にしてはいないか?と(^^)

自戒を込めて。

人事コンサルタント
金森秀晃

ブログランキング参加中!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 離職防止/組織活性コンサルティング