完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

頑張っても、頑張っても、満たされないあなたへ

頑張っても、頑張っても、満たされないあなたへ

・頑張っても頑張っても、満たされない
・やればやるほど、疲弊していく
・ふと、「どこまで頑張ればいいんだろう」と不安に思う

こんな経験はありませんか?

最近、研修(いわば集団カウンセリングのようなものなのですが)や
個人カウンセリングを行う中で、こんな苦しさを訴えてくださる方が
少なくないように思います。

もし今、あなたがそんな気持ちを抱えていらっしゃるとしたら、
「何を」をから一度離れて
「なぜ」を改めて考えてみてください。

What(何を)のみでWhy(なぜ)がない状態というのは、
たとえて言うならば・・・
「どれだけ熱いお湯を注いでも注いでも、
お風呂の栓が完全に抜けている」
状態のようなもの(>_<)

その熱い湯というのは、自分のエネルギーだと思ってください。

どんどん、どんどんエネルギーが流れては枯渇していくイメージがわいてくるかと思います。

もしあなたに強烈なWhy(なぜ、動機)があり、
あなたが溢れんばかりのエネルギーに身をまとっているとしたら、
今度はそのWhyを仲間に共有して、抜けたお風呂の栓をもとに戻してあげてください。

人に与えようとするエネルギーがもっともっと湧き出てくるかもしれません。

「頑張っているのに、疲弊する。」

自分自身も辛ければ見ている人も辛くなるものです。
私もそんな方をみるたびに心が痛くなるのです。

「あぁなんだか頑張ってるのに疲れるなぁ」

と思ったあなたは今すぐ、「なぜ」を考えて、
誰かに共有してみることから初めてみませんか♪?

ふっと、心が晴れる瞬間が訪れるかもしれません(^^)

人事コンサルタント
金森秀晃

離職防止カテゴリの最新記事