完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

誰もが欲しい!? 真実を見抜く「目」、習得への道のり

誰もが欲しい!? 真実を見抜く「目」、習得への道のり

言葉ではなく、事実から真実を読み解かなければならない

というのは、よく言われることかと思います。

確かに、長く経営者をやっていると・・・

「金森社長! 俺、一生ついて行きます!!!」

と言いながら、1ヶ月後には

「辞めます。。。」

という子がいたり(>_<)!!!、
言葉だけで推しはかるにはなかなか難しいというのが私も正直なところです。

キツイ,言葉,もやつく

以前読んだ、HUNTER×HUNTERという漫画の中で
心音で人の心理を読み解く、センリツというキャラクターがいました。

その中で、
「濡れ衣ならジワジワと心臓の音が大きくなるのよ 誤解による不安と興奮でね 。でも あなた 始めが一番大きくてどんどん音色が静かにおちついていった。
典型的な”嘘つき”の旋律なのよ。」
というシーンがあります。

その時は、なんとも怖い能力だなぁと思ったのですが(笑)
心音は聞けなくても、呼吸音なら聞けるのではないか!?と思ったり、
動作の癖を見てみるのはどうだろう?と思ったり、
凡人なりに色々と努力をしてみたりもしました。

結果的には、嘘を見抜くことなどに関しては全く上達しているとは思えないのですが(笑)
以前より、周りの人の変化には敏感になれたような気がしています。

明確,ビジョン,キャリア,制度

あれ、今日はいつもより目の輝きが違う気がするな、なんかあったのかな?
今日はいつもより叱責に対しての受け止め方が違う気がするな
ファミリーと向き合うときの姿勢が少し変わった気がするぞ・・・

などなど、微細な変化にも気がつけるというか、
気付く感性が養われたような感覚でしょうか。

結果的に、真実を見抜く目が養われたかは微妙ですが、
経営者、マネージャーとして必要な能力・技術・姿勢が作られたことは間違いないと思います。

管理者として活躍されている方にとっては、
やってみて損はない練習・観点かと思いますので、
是非皆さんも一緒に試してみていただけたらと思います♪

人事コンサルタント
金森秀晃

管理者育成カテゴリの最新記事