完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

キャリア選択の道は、一日にしてならず?!

キャリア選択の道は、一日にしてならず?!

ミスを恐れず、社会人として一皮剥けてもらいたい・・・
そういった法人様の研修で必ずお伝えすることのひとつに
「上手くいかないことを織り込み済みにする」
というのがあります。

組織で働くということは、多くの事が自分の思い通りにはならないもの。
期待通りになることの方が少ないかもしれません。
先述した折込済みの前提がないと、
配置換えがあったときなどに
期待通りにいかないと、そうではないと頭では分かっていても
「自分は期待されていないのだ」
「この仕事、自分にあってないのだろうか・・・」
と落ち込む方もいるほどです。

 

離職に頭を抱える法人様からの要望も多く、
そういう方々のキャリア相談ということで
私やスタッフが話を伺うことが、最近特に
増えてきました。

お話を伺う際の軸として必ず持っているのは、
その方が、「今の仕事で活躍できること」を前提とすることです。
理由としては、その仕事が合っているかいないかは
その前提をもって、あらゆるアプローチを試してみてからでないと判断が付かないからです。

今やっている仕事が
本当にその方に合ってるかどうかは、
すぐにはわかりません。
むしろ自分には合わないと思っていた仕事が
自分に向いていたということもあります。
すぐに結果が出ないからと言って、
諦めてしまうのはもったいなさ過ぎますよね(T_T)

最初は自分に合わないと思い込んでいたことが、
真剣に向き合うことで、面白さに気付き活路を見出せたり、
取り組みが評価され、希望していた部署に配属される
ということもあるかもしれません。

尊敬,先輩,背中

配属とは、あの部署の人員が足りてないなど、
その時の一時的な事情で決まることが殆どです。
会社の都合で振り回されたと捉えがちですが
見方をかえればチャンス!です(^^♪

真剣にやってみて、やはり合わなければ、
その時間はまた一歩、自分の希望に繋がる選択肢の精度が上がった
といえるように思います。

人事コンサルタント
金森 秀晃

未分類カテゴリの最新記事