完全無料、組織診断アプリ「MindLab」 無料トライアル実施中! 詳細はここをクリック!

オンライン商談や面談で相手を不快にさせない身だしなみとは!

オンライン商談や面談で相手を不快にさせない身だしなみとは!

こんにちは。

接遇マナー講師・トップスマイルコーディネーターの三上絢愛です。
今日は金森 社長のブログをジャックいたします。

まだまだ落ち着かない状況が続いておりますが
皆様いかがお過ごしでしょうか。

この新型コロナウィルスの流行で会議や商談を「オンライン」
に切り替えた方も多いのではないでしょうか。

効率化された一方、対面ではそんなに気にならなかったことが
オンラインだと「自分の話し方や相手の表情・リアクションが気になる」
という方も多いかもしれません。

私もコンサルの商談やレッスンでの面談は
4月以降全てオンラインで対応させていただいているのですが
最初の頃は自分自身の表情や見え方に驚き
「こんな風に相手に見えているのか…(◎_◎;)」と
がっかりすることばかりでした。
初めての取り組みでは、対面では感じなかった色々な課題がでてきますよね。

もし相手が画面の中のあなたの表情やリアクションを見たときに
話すことに夢中になりすぎて表情がなかったり
リアクションがなかったとしたらどのように感じるでしょうか。

せっかく時間をとったのに、早くこの時間終わらないかな…
無頓着な人だな。次は会わなくてもいいかな…
そんな風に思うかもしれません。

ではどうしたらよいかといいますとオンライン上では
対面以上に【表情】や【リアクション】が大切です。

 

1つ目は【表情】
相手が話したことに対して、表情で感情を表現します。

特に顔の中で一番感情がでやすい部分は目元です!
例えば、話を聞いて驚いた時や嬉しい気持ちになった時は
通常よりも目元を1.5倍大きく開くことで相手に感情が伝わりやすくなります。
「なるほど」パチッ!

2つ目は【リアクション】
 表情がつくれない場合は、リアクションをいつも以上にオーバーに行います。
 例えば、相手が言ったことに対して大きく1回うなずいたり、
 身を乗り出して聞くことで「あなたの話に興味がありますよ」
 という気持ちを動作で伝えることができます。

私もオンラインでのやりとりが毎日のようにありますが
このポイントを意識したことで
相手のリアクション回数が2倍増えました!
(*´▽`*)

表情やリアクションはオンライン上の会議・商談・面談などにおける
『身だしなみ』の基本といっても過言ではありません。

仕事でなくてもオンラインで相手とコミュニケーションを
とりやすくするためのポイントでもあります(^^)

・自分で表情をつくっているけどうまくいかない方
・どうしたらもっと印象よくできるかわからない方
いつでもご相談ください。

レッスンの様子はこちらにアップしておりますので
ご覧ください♪
https://www.facebook.com/juria.mikami

接遇マナー講師・トップスマイルコーディーネーター 
ハンドリフレトレーナー
三上絢愛

ZACパートナーコンサルタント説明会!

CTA-IMAGE 医療介護業界随一の実績・ZACがコンサルタント未経験からの開業をサポートし、新規開拓なしの夢のビジネスモデルを提供するパートナーコンサルタント制度について、余すところなくお伝えします!

CS向上カテゴリの最新記事