株式会社ZAC

TEL:03-6821-5202電話でのお問い合わせはAM10:00〜PM5:00(平日のみ)

お客様の声 NPO法人のぞみ キッズサポートりま様
(ハンドリフレボランティア導入)

勇気をもって『手』を差し伸べること
それが子どもたちとのコミュニケーション・心と体のケアに繋がる!

NPO法人のぞみキッズサポートりま様

・筋緊張が強い子も、表情が緩みゆったりと過ごしてくれる

 「キッズサポートりま」の利用者は6歳から18歳までの、いわゆる 「重症心身障がい・身体障がい児」で、筋肉・体幹などの緊張の強い方、或いは緊張の弱い方、さまざまな方がいますが、全ての皆さんに「リラックス効果」があることを特に感じています。
 筋緊張の強い方であれば、関節可動域が広がったり、手足の末端部位が冷えやすい方であれば、血行が促進することで手足が温まったりしています。手と足、どちらからのアプローチでも、効果が同様に生まれていると感じます。ハンドリフレを行って頂くと、どの子どもたちも表情が緩んで来て、ゆったり過ごしていることがわかります。

・「拒否」状態から「自ら手を差し出す」変化をもたらすハンドリフレクソロジー

  子どもたちには、皮膚感覚に特に敏感な方もあって、自分の体、手足を触られることを嫌がる人も多いのですが、ハンドリフレは、手や足からのスキンシップなので、触られることに「慣れていく」という効果が大きいと思っています。  最初は、自分の手足を触らせない、ボランティアの方に手を出す相手を叩く、といった行動をされる方もいましたが、ボランティアの方は、手ではなく、足へのアプローチから始めて下さって、その子どもは、徐々に慣れていきました。やがて、手に触ることも可能となって、自分から手を差し出すようにもなりました。  ハンドリフレは、手足が温かくなる、という効果も大きくありますが、筋緊張の強い子どもは、徐々に関節が伸びてきて、硬くなっている体の部位の緊張が緩んできます。はっきりとは言えませんが、恐らくは、体幹も緩んでいると思います。それは、嫌なことを行うときの「拒否」の声もなく、穏やかに受けていることから、考えられることです。  また、別の子どもでは、首や肩がリラックスしてきて、突っ張ることが無くなっています。気持ち良くて、眠ってしまう方もいます。

・ハンドリフレは 「安全」 で、子供たちが 「頑張らなくてもよい」 リハビリテーション

 まず何と言っても「安全」であることが重要だと考えています。  それは、体の困難な箇所に直接施術するのではなく、手足のアプローチから体全体へ働き掛けていく、という点が大きいです。ストレッチなどと違って、怪我の起きる心配がありません。  また、子どもたちが「頑張らなくて良い」ことも大きいと思います。  「リハビリ」のような「訓練」ではないので、「受け身」でいることができる、という点です。 ボランティアの皆さんも、私共「りま」スタッフからの注意事項を踏まえて、実施してくださいます。  時間的にも「1時間」という設定が丁度良いと思います。子どもたちの人数が多くても、毎回 必ず、1人に15分程度は行ってくださいます。勿論、人数が少なければ、さらにゆったりと行ってくれます。  「キッズサポートりま」の子どもたちのような、様々なハンディキャップのある人たちには、安全 かつリラックスできるアプローチを行ってくださる「ハンドリフレ」は、とても大きな意味のあることだと 思っています。

<< 前のページに戻る

医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング医療,介護,病院,人事制度,コンサルティング