完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

「下町ロケット」からの気づき〜目標と夢〜

「下町ロケット」からの気づき〜目標と夢〜

こんにちは。
エナジーサロンFee’z 麻生です。
今日は金森院長ブログをジャックします。

池井戸潤さんの人気作「下町ロケット」今ドラマやっていますよね。
観ている人も多いかもしれませんね。
私も1シーズンから今作のまですべて観てます。(笑)

かなりザックリとした内容としては・・・
中小企業の町工場(佃製作所)が会社一丸となり、
無茶だろうと思うような夢に向かって挑戦し、
夢を叶えるというストーリーです。

作中ではドラマタイトル通り、
ロケットの部品を作り、
「ロケットを飛ばす」という夢を掲げるのですが、

クライアントに無理難題をふっかけられたり、
ハードな納期を設定されたりしてしまいます。
でも、必ず成し遂げてしまうんです。

なぜ佃製作所のメンバーが、
「いくらなんでも無理なんじゃない?」と
誰もが思ってしまうようなことを成し遂げることができたんだろう?

それは、どんな難題でも
自分達の夢である、
「ロケットを飛ばす」という夢に近づくための
課題だからだと捉えているからなのではないかなと思います。

Fee’zでは朝礼で自分の夢について宣言する時間があります。

「日本全国を施術行脚する!」

「母校で講師をして、後進の育成をしたい!」

「自分の店を持つ!」など色々な夢が出るのですが(笑)

その夢をただの夢で終わらせないように目標設定に落とし込んで、
その為にいつまでに何をするか?をしっかり決めて、
道筋を作るところまで取り組むようにしています。

まだまだ目の前のことに煽られたり、
焦ったりすることも多々ありますが、
自分の夢を毎日のように宣言することで、
僕だけではなくスタッフの雰囲気や行動が変わったのか、
お客様の反応が更に良くなったんです。

大人になって夢なんて...。
って思われる方もいるかもしれません。

最初は恥ずかしかったり、なかなか現実味を帯びてなかったりしますが、1個1個細分化して
考えて・言って・宣言して、夢を毎日のように確認することで、
夢に向かってぶれにくくなるマインドが作られるんだと気付きました!

僕も佃製作所のメンバーのように、
自分の夢を具現化できるよう、
取組んでいきたいと思います。

部下のモチベーションカテゴリの最新記事