【幸せになりたい方必読】●●するほど「幸福感」がUPする

      2017/11/28

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,無意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

みなさんは、どんな時に「幸福感」を得られますか?
 
旅行しているとき・・・
休日にお昼まで寝られるとき・・・
金曜日の仕事帰りにビールを飲むとき? 笑
 
その方ならではの「幸福感」があると思います。
 
 
この「幸福感」、実はとあることをすると、グングンUPさせることができるんです!
 
それは・・・
「上手くいかないことをやること」「苦手・くるしいなと感じること」をやることです(^^♪
えーーーー!!!(゚д゚)!
そんなのヤダ!!!と言う声が聞こえてきそうですが 笑
 
例えば、学生時代の部活などで
練習がキツイ、全然上手くなれないし、自分にはむいてないのかな・・・なんていう経験はありませんか?
その経験を今振り返ってみるとどうでしょうか?
 
よくキャリア相談のコンサルをするときに、このような質問をすることが多いのですが、
100%といっても過言ではないほど、みなさん
「あの時は苦しかったけど、いまはそれが糧になってるし、よかったと思います」
と仰います。
 
なにか問題に直面しているときは、不納得感・不合理な感じがしてモヤモヤし続けるかもしれません。
視点を変えてみると、このモヤモヤが未來の自分にとっての幸福感の「種」のようなものかもしれませんね(^^)
 
 
苦しいなと思いながらも試行錯誤しながらやり切ることで、
振り返ってみたときに得られる満足感が幸福感をもたらしてくれる、ということなのではないでしょうか。
 
人事コンサルタント
金森秀晃

 - 人材育成/組織開発