完全無料、5分で出来る組織活性度診断を受付中!

「本当の自分」を探しているあなたへ ~偽物から本物を見出す力~

「本当の自分」を探しているあなたへ ~偽物から本物を見出す力~
【本物を求めてはならない。恋い焦がれ、想像するのだ】
 
 
これは、執行草舟氏の『生くる』に出てくる言葉です。
 
 
僕らはつい、「本物のなにか」を求めたがってしまいます。
 
 
本物のブランド、本物の絵画、本物の「発音」・・・
 
 
しかし、執行氏のいうところによれば、
 
本物は、歴史と祖国、自己の人生と仕事だけ
 
ということなのです。
 
それ以外は、別に本物でなくてもよいと考えるのが吉とのこと・・
 
 
れはなぜなのでしょうか?
 
 
きっと執行氏は
 
“僕ら人間がその生涯でみたり、触れたり、所有したりできる本物なんてたかがしれている。
だからこそ、偽物を通じて、本物を想像し、夢を描くことの方が、人生を生きる上で非常に大切であり、
限りある人生を有意義に生きようと思ったら、本物に拘るより、偽物の中からも本物を見いだす努力をした方が
はるかにお得である”
 
ということを、教えてくれているのだと思います。
 
 
色々な示唆にとんだお話だなぁと感じながら読み進めるうちに、
「本物の自分」や「本当の人生」を求めてしまう
僕らの心も似たようなものなのかなぁと思うようになりました。
 
 
本物の自分なんてないのかもしれません。
 
それでも、
「正しい道」があると信じ、恋い焦がれながら、
間違っている道からもヒントを得て、正しい道を想像する
 
 
確かに、限られた人生を最大減に生きようと思えば、
本物や正しいことからだけではなく、
すべてのものからヒントを得て、理想を描く力を磨いたり、
修正し続ける仕組みを手にしたほうがお得ですよね♪
 
 
それも、わかっていながら、
なかなか続かないということもあるかもしれませんが、
今回この本を読んで、改めて、
そういう生き方をしていきたいと考えさせられたので、
シェアさせていただきました!
 
少しでも、自分の未来に悩む方のヒントになれば幸いです♪
 
 
人事コンサルタント
金森秀晃

その他カテゴリの最新記事