「また相談したい!」と思われる傾聴力①

      2016/12/27

医師,人事評価,給与,体系,評価基準,失敗,無意味,公正,納得,項目,研修,意味,高い,職種,連携,評価,主観,経営感覚,スタッフ,マネージャー,プレイヤー,モチベーション,低い,採用,いい人材,人財育成,どうすれば,クレーム対応,部下,凹みやすい

ファミリー(クライアント)のお話を伺っていると、

「相手の話を聴く」ということに悩まれる方が多くいらっしゃいます。

「自分の意見は言えるけど、相手の意見を引き出せているかというとちょっとね・・・」

ですとか、研修後に

「自分を聞き上手だと思っていたけど、実は人の話を全然聞いてなかったのですね」

という風に気づく方が以外に多いのです。(みなさん素直に受け止められるから気づくことが多いのですね!)

 

今回は「また相談したい!」と思われる傾聴力

というテーマで、数回に分けてポイントをお伝えしていきたいと思います。

以降の記事はこちら!

「また相談したい!」と思われる傾聴力②
「また相談したい!」と思われる傾聴力③
「また相談したい!」と思われる傾聴力④
「また相談したい!」と思われる傾聴力⑤

 

 【1】相槌を打つ

もうやってるよ!という声が聞こえてきそうですが 笑
これは基本中の基本ですね。

 

相槌というのは、言い換えると合いの手みたいなもの。
上手く使えると、会話にリズムが生まれてきます。

 

相槌には①頷きと②声の相槌の2つがあります。

いずれもポイントは、「相手に自分は聞いているよ」という姿勢を示すこと。
ですので場合によっては、声の相槌を意識的に行うとよいでしょう。

 

例えば、病院の外来なら
「すみません、ちょっとお腹が痛くて・・・」
「それはお辛いですね。どのあたりが特に痛みますか?」
「へその上の方が・・・」
「なるほど、おへその上のほうですね。いつからですか?」
「昨日の夜くらいからかな・・・」
というように相槌を打つと、相手が「この人は聞いてくれている」と認識できるので、応えやすくなります。

 

その他の声の相槌例としては
「へぇー」「それで?」「すごいですね!」「なるほど〜」「例えば?」「それ面白いねえ」
など、色々なバリエーションがあるといいですね。

 

相槌の語彙は無限にありますので、自分のバリエーションを持っておくと、初対面の方と話すときなど、相手に安心感を与えます。
それが相談であれば、きっと「また相談したい!」と思われるでしょう。

人事コンサルタント 金森秀晃

 - 接遇マナー