コミュニケーション研修

ZACが研修で大事にしていること みっつめ

至誠会第二病院 管理者研修1

ZACが研修でで大事にしていること みっつめ

それは

真の理念浸透が出来ること

 

訪問させていただいた際に、

そんな風に申し上げると、こんなご意見をいただくこともしばしば。

 

「別に普通の会社でも、理念浸透って必要ですよね?」

 

確かに、どんな会社にも理念浸透は必要です。

ですが、一般企業における理念浸透と医療・介護業界におけるそれとでは、全く意味合いが違ってきます。

 

医療・介護業界で働く方々は、

日々、人の「命」と向き合ってらっしゃいます。

「技術への自負・誇り」を抱いていただかなければなりません。

“患者さん、利用者さんのために磨いてきたあなたの知識・技術を、より効果的に活かすための技術や考え方を知る。”

研修とはそういったものでなければなりません。

 

 

私どものいうところの“真の理念浸透”とは、

“組織の問題を、いかに自分事として捉えることができるか”ということです。

 

理念への共感ができている管理者であれば、

そのために必要な自身の役割を精一杯担おうとするでしょう。

それは現場で働くスタッフも同じではないでしょうか。

 

うわべだけの理念浸透ではなく、

理念を成果に落とし込むための理念浸透を。

理念を成果にする楽しさを、誇りを。

 

 

ZACの研修のGOALはここにあります。

ZACが研修で大切にしている3つのこと ふたつめ

20160709 多古中央 アサーティブ研修1

ZACがたいせつにしていること ふたつめです。

 

それは・・・

 

「本来の能力を高めるための研修であること」

 

 

何か問題やダメなことが起こったとき、

みなさんは、どんな対応をされていますか?

 

研修前にスタッフの皆さんのお声を伺うと

 

「あの人はああいう人だから・・・」

「もともと才能がないんだから無理だよ」

 

という風に、諦めてしまうというお声が多い印象を受けます。

 

医療・介護の現場は真剣勝負!

それゆえに、患者様や入居者様に力を尽くさなければ

ということでスルーせざるを得ないこともあるかもしれません、

 

 

ですが

数回うまくいかなかったことで

すぐに諦めてしまうことは、見方によってはその方の・自分の

可能性を度外視してしまうことにもなりかねないと思いませんか?

 

もしかしたら、指導する自分自身や

受け手のスタッフが

「本来持つ能力を発揮するための“技術”」

をまだ手にしていないだけかもしれません。

ZACが研修で大事にしている3つのこと ひとつめ

至誠会第二病院 管理者研修1

まずひとつめです!
それは・・・

「足りないから学ぶ」という研修ではないこと

私はまだまだこの知識がない、
できていないから・・・

この謙虚で真摯に学ぼうとしている姿は、

研修中や訪問先でお話を伺わせていただく際に、非常に素晴らしいなと思います。

 

ですが

「足りないから学ぶ」
このような研修は、いくら受けても負荷になるだけです。

例えば自分の子供に「自ら学びたい!」と

思ってもらうには、どうしたらいいか?を考えてみるとイメージがしやすいと思います。

もしくは自分が子供のころを振り返ってみるのもいいですね。

「遊んでばっかりいないで、勉強しなさい!」

そういわれると、余計にやりたくなくなってしまったり・・・笑

 

そうではなく
「あなたはできる。ただこのやり方を知らなかっただけ」

こんな風に本来持つ能力や知識を活かすための研修。

 

それがZACが研修で大事にしていることのひとつです。

************************

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

************************

 

 

「マナーはコミュニケーションの手段である」

IMG_4160

マナーと言うと、どうしてもがちがちのルールのようなものを

想像しがちな私たちですが・・・

尾形先生いわく・・・

「マナーはコミュニケーションのための一つの手段に過ぎない」とのこと!

マナーが自己表現の一つ、相手を敬う気持ちの表現だと考えると、

なんだかちょっとやってみたくなりますよね♪

また、それが自分の財産にもなると思うと、更に取り組まざるを得ません(笑)

IMG_4181

写真は本日の研修の様子!今日も楽しませて頂きました!!

受講者の皆様も、積極的にご参加頂き、非常に楽しい空間となりました。

ありがとうございます!

【下記、参加者の方の感想です!】

「私が部屋に入った時も、笑顔や挨拶+αの一言を講師の先生たちが

かけてくださり、自身の緊張していた気持ちもほぐしてくれた。

患者様との何気ない会話でも、本日学んだことを取り入れていけば、

接遇も変わってくると思います。

患者様との接遇に対してすごく勉強になりました。

6年ほど医療の現場にいますが、時代が少し変われば接遇も変わると感じました。

今回の研修は非常に身になることばかりだったので、また是非参加したいです!」

IMG_4173

「コミュニケーションは能力ではなく、技術である。」

20150519 天翁会 指導スキル養成研修2

医療法人様の、指導者向けの研修を行って参りました!

最後のまとめのワークでは、

「コミュニケーションは苦手だと思っていたけれど、

コミュニケーションは能力やセンスではなく、技術である

だから、練習すれば誰でもできる

という言葉を聞いて希望をもつことができた」

というお言葉が印象的です!

苦手意識を持っていたところに、研修という刺激を通じて、

「希望」が見いだせたということは非常に大きな一歩だと思ったからです。

次回も2ヶ月後にまた研修があるので、どんな変化を遂げてくるか

本当に楽しみだ!と講師を務めた金森も目を輝かせておりました(^^)

それにしても、今日は、難しい課題やロールプレイも多い中で、

本当に皆さん粘り強く真摯に取り組んで頂きました!

後輩に対するアプローチを真剣にお考えであったり、

「今まで色々な難しさを乗り越えて導いてくださった

先輩のありがたみに気づいた」というお話をされていたり、

なんだか本当に謙虚で努力家の方々だなぁと感じました。

(自分の努力不足を感じ、気持ちが引き締まりました。)

あんなプリセプターの方々だったら、新人さんも安心して仕事ができますね。

いやぁ本当に素晴らしい・・・!!

20150519 天翁会 指導スキル養成研修1

【おまけ】

こちらは・・・

ここに来たら毎回食べると決めている・・・

クレープを食べる金森代表。笑

ここだけの話ですが、クレープが楽しみすぎて、

「もっとこの駅付近で研修したいなぁ」というほど!笑

(最近では・・・執念すら感じます!)

DSC_0102

「コミュニケーションは能力ではなく、技術である。」

20150519 天翁会 指導スキル養成研修2

医療法人様の、指導者向けの研修を行って参りました!

最後のまとめのワークでは、

「コミュニケーションは苦手だと思っていたけれど、

コミュニケーションは能力やセンスではなく、技術である

だから、練習すれば誰でもできる

という言葉を聞いて希望をもつことができた」

というお言葉が印象的です!

苦手意識を持っていたところに、研修という刺激を通じて、

「希望」が見いだせたということは非常に大きな一歩だと思ったからです。

次回も2ヶ月後にまた研修があるので、どんな変化を遂げてくるか

本当に楽しみだ!と講師を務めた金森も目を輝かせておりました(^^)

それにしても、今日は、難しい課題やロールプレイも多い中で、

本当に皆さん粘り強く真摯に取り組んで頂きました!

後輩に対するアプローチを真剣にお考えであったり、

「今まで色々な難しさを乗り越えて導いてくださった

先輩のありがたみに気づいた」というお話をされていたり、

なんだか本当に謙虚で努力家の方々だなぁと感じました。

(自分の努力不足を感じ、気持ちが引き締まりました。)

あんなプリセプターの方々だったら、新人さんも安心して仕事ができますね。

いやぁ本当に素晴らしい・・・!!

20150519 天翁会 指導スキル養成研修1

【おまけ】

こちらは・・・

ここに来たら毎回食べると決めている・・・

クレープを食べる金森代表。笑

ここだけの話ですが、クレープが楽しみすぎて、

「もっとこの駅付近で研修したいなぁ」というほど!笑

(最近では・・・執念すら感じます!)

DSC_0102