未分類

金森秀晃 サプライズバースデーパーティー@帝国ホテル ~当日レポート編~

kanamori-cake

まずは、当日レポートの前に

一夜あけての、首謀者(笑)である、私新藤からの感想を少し・・・

正直、最初企画したときは、ここまで多くの方とご一緒できるなんて思ってもみなかったのです。

また、お越しいただける方には、
「参加していただいてありがとうございます、時間を作っていただいて恐縮です(>_<)」
そんな風に思っておりました。

それでも、実際参加した方々からは、
「参加してよかった!この場に招待してくれてありがとう!」
そんな温かいお言葉をいただきました。

皆様からのお言葉がけやお気遣いの数々に、教えられること、
気づかされることが多すぎて、なんだか逆に頂くことばかりで・・・

私たちはその皆様のお気持ちに見合うだけのチーム、会社になっていかなければならない。
皆様からの温かいお言葉を頂く度に、心からそんな風に思わせて頂きました。

皆さま、本当に、本当にありがとうございます!!!!!

また、それぞれの業務も忙しい中で、私の細かいこだわりに、休み返上で付き合ってくれた社員に
心からの感謝をこの場を借りてお伝えしたいと思います。
みなさん本当にありがとうございます!!

今後とも宜しくお願い致します!!!

ということで!!
お待ちかねの、当日のレポートを披露させていただきます。
サプライズバースデーパーティーの模様を、完全レポ!!

2016年9月26日 20:00 日本一のホテル「帝国ホテル」 にて・・・
(来ただけで私はドキドキしてしまうような場所です。笑)

kv_02_pc

 

img_7859

仕込みは、バッチリ。
(偽の看板まで作って頂きました。笑)

あとは、金森の到着を待つのみ・・・
(待ってる時間が長かったです(>_<)!!)

20:16・・・ ようやくこの瞬間を迎えました。


金森が扉を開けた瞬間、

「金森さん、お誕生日~~~!!」

名司会者の徳澤 様からの掛け声に合わせて、

img_7875


全員で、「おめでとうございまーーーーーーーす!!!」でお出迎え!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出版記念パーティーだと思っていた金森社長、事態を飲み込めておりません・・・笑


金森社長を定位置にご案内!!

img_7879
ここで、動画を使ってネタばらし。

司会の徳澤さんから事情を説明。笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


「は!? え?!マジで!??

え?岡田先生の出版記念パーティーないの!?
祝辞まで練習してきたのに・・・・・・!!!」

(すいません。。笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乾杯のご発声は・・・
本物の・・・「岡田直美先生」!!
(先生はガン治療の名医!本当に近日中に書籍を出版なさいます!お楽しみに♪)
盛大な嘘にお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
続きまして、祝辞は、金森の心の師匠、東京中央ロータリークラブ所属、 株式会社アペックス 代表取締役社長 吉谷様!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もうお一方からのご祝辞は、金森が父親のように慕っており、
東京中央ロータリークラブでご一緒させていただいている中島様!
温かいお人柄が滲み出る、心温まるお言葉、ありがとうございました!!

 

img_7907

中盤の数字宛てゲーーーーーーム!!!!!
司会進行は、LEC(金森の私塾)塾生の、中村彩子さんと佐藤輝和さん!!

img_7914

ばっちり、会を盛り上げていただきました!ありがとうございます!!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして!
プロのオーボエ奏者、小林恵様より生演奏のプレゼント!!!!
生演奏でパーティーが一気に華やぎました!!!!
最高でした!ありがとうございます!!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バースデーケーキ!!
結婚できない(一応、しないとしておきます。笑)金森社長、
今のところ、心に決めた女性はいなそうなので・・・・・
斬新ですが、一人ケーキ入刀です!!笑


p9260835

誕生日プレゼントは・・・
結婚できない(あ・・・、しないでした。。笑)金森社長への 水族館のペアチケット
※誘うのは女性限定だそうなので宜しくお願いします。

Bluetooth のワイヤレスヘッドセット!
※今度はなくさないでくださいね。笑

img_7871
ビンゴのプレゼンテーター役を担ってくださった、LEC2期生、乾さん(左)と近藤さん(右)♡
これが噂の見返り美人!
進行を踏まえたスムーズなプレゼント渡し、ありがとうございました!!

img_7870

金森への手紙を読んでくださったLEC2期生  まーさんこと、鈴木麻祐子さん(左)。
まーさんの真面目さ、謙虚さ、どこまでも学ぶ姿勢に心打たれました!

撮影担当をしてくれた1期生  川村光さん(右)!
カメラを向けられるとつい、変顔をしてしまうくらいサービス精神旺盛な川村さん。笑
だからこそ、川村さんからカメラを向けられるとみんな自然といい顔になっちゃうのでしょう。
素敵な写真をたくさんありがとう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

金森との出会いから、今に至るまでの軌跡を余すところなく伝えてくれたLEC2期生、野澤政伸さん!
真っ直ぐな想いを伝えてくれてありがとうございました!
野澤さんの真摯なお人柄、金森への気持ちがストレートに伝わる、心温まるお手紙でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後を締めてくれたのは開業して15年、ずーっとそばで金森を支え続けたZAC取締役の阿蘇です。
金森社長への愛が詰まった、感動の手紙でした。
金森社長はずーーーーっと前から金森社長のままだったのですね。

 

img_7996

 

滅多に見られない抱擁シーン!
私は、金森社長が人前で涙を流すのを始めて見ました。

そして最後はZAC社員からのメッセージ動画!
Mr.Childrenマジックで感動的な仕上がりに!笑
(編集担当榊原さん、こだわりまくってごめんなさい。笑)

p9260905

 

img_7812

また、当日、どうしても来られないということで・・・
その前の週、綜合警備保障株式会社 常務執行役員 川口様からも、お祝いのビデオメッセ―ジを頂きました!!
なんと!!帝国ホテルまでDVDを届けてくださいました!
本当に映像でも実際にお会いしても、ダンディーで紳士な川口様に、女性社員一同メロメロです!
ありがとうございました!

 

img_7998

 

今回のパーティーは、ZACが、
本当に、たくさんの方に支えられていることを教えられたバースデーパーティーでした!
冒頭にも記載させていただきましたが、改めて、私どもの果たす役割について認識を深め、
お集まりいただいた皆様に恩返しができるよう、よりよりサービスを追求していく所存です!
本当にありがとうございました!!

社員一同

〔PS〕
そんなお誕生日を迎えた、金森秀晃のオフィシャルブログでは毎日、
人材育成、組織開発に役立つ記事を配信中!!
是非、ご覧頂き、ブックマーク登録宜しくお願いします♡

金森秀晃 サプライズバースデーパーティー@帝国ホテル~準備編~

こんにちは!

チーフコンサルタントの新藤です!

先日、ボスこと弊社の代表取締役社長
金森秀晃のサプライズバースデーパーティー@帝国ホテル を開催させて頂きました!

p9260905
月曜の夜という難しい時間帯に、なんと50名を超える方々に、お集まりいただきました!
お忙しい中、貴重なお時間をいただきまして、本当に本当にありがとうございました!
そして、最後まで盛大な嘘にお付き合いいただきましてありがとうございました!

実は、2ヶ月ほど前から着々と準備を進めて参りましたが、
壮大な嘘を2ヶ月突き通すというのは、非常に難しいミッションでした。

本日は、ご参加頂きました皆様への感謝の気持ちも込めまして、
サプライズバースデー企画の舞台裏に触れていきたいと思います!

準備に際して、数々の難所を潜り抜けた私たちですが、
代表的な難所を2つご紹介いたします。笑

 

■難所1  「何の名目で金森の予定を押さえるか?」

社員会議で「決行日」を決めたはよいものの、
どうやって夜の20:00に帝国ホテルに呼び出すか・・・

私たちは頭を悩ませました。。

3c78a12a3cb24d5c5ae6cccbed39dcfd
・・・はっ!!!!!!!!

私たちはひらめいてしまいました。

「岡田直美先生、出版記念パーティー」 ♡

img_7859

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なんと!!がん治療の権威、岡田直美先生にご協力をいただき、
先生の出版記念パーティーの事務局を、ZACが担う!という設定を思いつきました!
(※先生は実在します&本当に本を出版されます)

 

予てより、岡田先生の医療サービスを、世の中に広めていくことが僕の使命だと言っていた金森社長。
この私の申し出には、「ぜひうちでやらせていただこうよ!!」と爽やかな笑顔で快諾!!!
「新藤ちゃん!しっかり準備宜しくな!任せたぞ!」とのお言葉。

・・・やったぜ( *´艸`)笑

第一関門突破!笑

 

 

■難所2  「バレずに準備を進めるにはどうすればよいか?」

これがなかなか難しい。

特に決行日の前週、前々週は首謀者の私が金森とほぼ毎日一緒に研修とコンサルに・・・(T_T)
なんと運の悪いことでしょう・・・笑

「あぁ・・・帝国ホテルの担当者の方に電話したい、でも金森社長がいる・・・」
「あぁ・・・社員と打ち合わせして内容すり合わせしたい、でも金森社長がいる・・・」
「あぁ・・・このメールに返信したい、でも金森社長がいる・・・」

あぁ・・・・・・!!!!
金森社長!!!!!!!!
なんでいるんですか(イライラ)笑!!!!!!

 

f59073d6-6190-4617-9e35-ee9a41277772

 

これほどまでに金森社長をうっとうしい!と思ったことがあったでしょうか・・・。笑
※誤解を恐れずに書きました。笑)

そのため、こっそりお手洗いにいくふりをして電話をしにいったり、
金森社長が確実に会社にこない時間を見計らってMTGを設定したり、
本当に神経のすり減る2か月間を過ごしました。笑

こそこそ感が伝わり、笑
多少勘付かれたことはあったかと思いますが、金森は最後まで、
まぁ多少あったとしても、「岡田先生の出版記念パーティーの中の一コマ」
としてのサプライズと思っていたそうです。(後日談。笑)
(直前まで一人で、岡田先生の出版記念パーティーの祝辞を練習する金森社長をみて胸が痛みました。笑
でも、出版記念パーティーの式次第まで作って盛大に嘘ついておいてよかったです♡笑)

そんな難所を超えての当日の様子は・・・・

後日!!!アップします!!

お楽しみに!!

ZACが研修で大事にしていること みっつめ

至誠会第二病院 管理者研修1

ZACが研修でで大事にしていること みっつめ

それは

真の理念浸透が出来ること

 

訪問させていただいた際に、

そんな風に申し上げると、こんなご意見をいただくこともしばしば。

 

「別に普通の会社でも、理念浸透って必要ですよね?」

 

確かに、どんな会社にも理念浸透は必要です。

ですが、一般企業における理念浸透と医療・介護業界におけるそれとでは、全く意味合いが違ってきます。

 

医療・介護業界で働く方々は、

日々、人の「命」と向き合ってらっしゃいます。

「技術への自負・誇り」を抱いていただかなければなりません。

“患者さん、利用者さんのために磨いてきたあなたの知識・技術を、より効果的に活かすための技術や考え方を知る。”

研修とはそういったものでなければなりません。

 

 

私どものいうところの“真の理念浸透”とは、

“組織の問題を、いかに自分事として捉えることができるか”ということです。

 

理念への共感ができている管理者であれば、

そのために必要な自身の役割を精一杯担おうとするでしょう。

それは現場で働くスタッフも同じではないでしょうか。

 

うわべだけの理念浸透ではなく、

理念を成果に落とし込むための理念浸透を。

理念を成果にする楽しさを、誇りを。

 

 

ZACの研修のGOALはここにあります。

ZACが研修で大事にしている3つのこと ひとつめ

至誠会第二病院 管理者研修1

まずひとつめです!
それは・・・

「足りないから学ぶ」という研修ではないこと

私はまだまだこの知識がない、
できていないから・・・

この謙虚で真摯に学ぼうとしている姿は、

研修中や訪問先でお話を伺わせていただく際に、非常に素晴らしいなと思います。

 

ですが

「足りないから学ぶ」
このような研修は、いくら受けても負荷になるだけです。

例えば自分の子供に「自ら学びたい!」と

思ってもらうには、どうしたらいいか?を考えてみるとイメージがしやすいと思います。

もしくは自分が子供のころを振り返ってみるのもいいですね。

「遊んでばっかりいないで、勉強しなさい!」

そういわれると、余計にやりたくなくなってしまったり・・・笑

 

そうではなく
「あなたはできる。ただこのやり方を知らなかっただけ」

こんな風に本来持つ能力や知識を活かすための研修。

 

それがZACが研修で大事にしていることのひとつです。

************************

■ 研修サービスのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/service.html

■   人事コンサルティングのご案内はコチラ!

http://f-zac.com/hrm.html

■ ZACグループ代表 金森秀晃のオフィシャルブログはコチラ!

http://f-zac.com/hideakikanamori/

************************

 

 

自分の価値観を知る

「自分の価値観を知る」

IMG_6348

これは、リーダーシップをとっていく上で最も重要なことだと言われています。リーダーシップをとっていくための方策、技術、ハウツーはたくさんありますが、実際のところそれを扱うマインドがなければ上手に扱うことができません。

(研修中よく弊社の講師陣は、RPGのゲームに例えて話をします。レベル1の主人公が突然勇者の剣を手に入れてもきっとその剣は使いこなすことはできない。レベル10の主人公が持つからこそ、その剣を使って強敵を倒すことができる)

そのマインドを育てるうえで最も重要なのが、「自分の価値観を知る」ということです。

今回の管理者研修では、そのためのとっておきのワークも行いました!

その名も「コラージュ」!

箱庭療法の平面バージョンとも言われる、心理療法の一種です。

雑誌などの切り貼りをしていくだけで、自分の中にある無意識の願望や考えが映し出されると言われています。(脳プリントなんていわれることも!)

IMG_6347

 

IMG_6346

個性的なコラージュの数々!!

切り方、配置の仕方、切り貼りの順番、文字の多さ、余白の有無、色々な角度からその方の価値観を知ることができるといわれています!それを共有すると、自分や相手の新たな一面を垣間見ることができるのです♪

IMG_6342

ワークを見守る金森先生!

 

IMG_6343

 

本日薬価改定の方針が発表されましたが(なかなか厳しい改定でしたね・・)、今日の研修ではちょうどマーケット思考についてのお話をしたばかり!(タイムリーでした!)

研修後には、「薬局のスタッフ全員のマーケット思考を鍛えるということがこれからの薬局運営には必要だと気付いた。市場に評価されることを第一に考えて、患者目線からの業務の見直しやサービス向上をスタッフと作り込んでいきたい」というコメントを書いてくださった方もいらっしゃいました(^^)

有意義な研修となって何よりです!

また来月もお会いできますことを楽しみにしております♪

久しぶり!?のコンプライアンス研修!

20150707コンプライアンス研修3

「厳しい世の中になってきて、組織や個人の防衛についての具体的な方法を学ぶことが出来て、

大変有意義でありました。益々案件は増えるばかりであり、相談することも尽きないが、

今回は基本的な心構えを色々教示頂いたと思います。

一方的なレクチャーではなく、私ども一人一人の身になって考えてくださった内容に

感心しました。ブレーンストーミングも数分と言う短時間時はありましたが、

見事に引き込まれました。ありがとうございました!」

(病院の院長先生より)

今日は、久しぶり!?のコンプライアンス研修でした!!

(最近、本の影響もあって管理者研修とレジリエンス研修が非常に多かったので、

なんだかんだ1か月ぶりくらいでしょうか!すっごく久しぶりな気分です。)

さて、医療・介護現場における訴訟問題、特に医療ミス等ではなく、

転倒した際の損害賠償、身体拘束に関する訴え等はなかなか難しい問題です。

急性期病院ですとDr向けのインフォームドコンセントの研修が多かったりするのですが、

今回は療養型&介護施設の皆様向けということで、

転倒リスク、身体拘束、虐待問題という3つの側面から

コンプライアンスについて考えていきました。

万が一訴訟が起こった時に自分を守るものは何か?

万が一の訴訟も起こらないようにするには何が必要なのか?

こういった観点から、「一過性」ではなく、

コンプライアンス違反が起こらない文化を醸成するような

プログラムを実施させていただきました。

(担当者様たってのご希望で、とにかく“残る”研修をとのことでしたので、

そこにはこだわって作らせて頂きました!)

担当者様がそこまでの意識を持たれている方だけあって

参加頂いた皆さんの真剣さ、質問の質の高さには講師も驚くばかりです。

普段から気を配って、取り組んでいらっしゃる様子が伺えました!

今後更によくなっていくことは間違いないと講師も太鼓判を押しておりました。

アンケートも皆さま丁寧に書いていただきました!

アンケート8

アンケート6

アンケート5

アンケート7

アンケート1

アンケート2

20150707コンプライアンス研修2

皆さんの取り組み姿勢に刺激を受け、

週の後半も益々張り切っていこうと思えた火曜日の夜です!

ありがとうございました!

ZACはどんな風に(どんな形式で)研修してくれるんですか?

こちらは、初めてお会いしたお客様によーく聞かれる質問です。

その答えはと申しますと・・・

「形はこだわりません。解決のために最適な形をご提案します」

ということなのですが・・・

これだけきくと若干怪しげなので・・・笑

ZACがどんな形でお仕事を請け負っているかを少しご紹介したいと思います(^O^)

ZACではテーマ別・階層別の研修サービスの他に、

人事評価制度構築のためのコンサルティングや、

管理者向けの個別コーチング、集団カウンセリング(MTGのような形式で)、

などなど、案外?多彩な形でサービスを提供させていただいております!

(最近は、院内・施設内のキャリアプランの策定等も依頼も増えてきております)

医療介護業界に特化していると、法人様毎に本当にニーズは千差万別。

売り手市場、人手不足の傾向の強い業界でもありますので、

そもそもOFF-JTに人を集めることが難しいという法人様、

逆にやるなら総会で全体向けに(300人くらいetc)にやりたい!という法人様、

勤務終了後60分でなんとか収めたいという法人様、

逆に!?丸々3日間使って合宿形式で研修をしたいという法人様もいらっしゃいます。

もちろん、ご要望によっては値段が通常よりもかなり高くなったり、

場合によっては割安になったりもしますが、

コストをかけてでも従業員をしっかり育てたいという想いのある

お客様に尽くしたい一心で、そのご要望には可能な限りお応えして参りました。

最初は現場が混乱し大変な状況になったようですが、

その結果、今では様々な適応できるスタイル、仕組みが構築されています。

「こういう形式だったら研修受けさせてあげられるんだけどな・・・」

「20万くらいでなんとかこのテーマで研修やりたいなぁ・・・」

「〇人以上はちょっと集められないんだよなぁ・・・」

等々、さすがにこれは無理かなぁ?というものでも、ご相談頂けましたら、

効果が損なわれない限りは、その形を尊重して設計して参りたいというのがZACの信条です。

(ただ、明らかに効果が出しにくい少々無理矢理な研修やコンサルについては、

やむを得ずプロとしてお断りさせて頂くこともございます。

※ただ、代替案は当然ご提示致しますのでご安心ください!)

そんなわけで・・・

こちらは本日の管理者向けの集団カウンセリングの様子です。

柔らかく、アットホームな雰囲気でスタート!

IMG_4042

カウンセリングを通じて、

管理者として取り組まれる際のお悩みに対して客観性が高まり、

解決の糸口を見出していただけたのではないでしょうか。

真摯に問題に向き合う皆様とのセッションに、

金森も気合が入ります!(この表情!)

IMG_4044

明日は、かれこれ5年目のお付き合いになります、

某一般病院でのプリセプター向けの研修です!

行って参ります!

一般社団法人 日本生涯教育協会(JLA)認定講師、増えています!

1428563905829

「研修を内製化したい!」

というお客様の声にお応えして始まった社内講師育成プログラム

今年で4年目になりますが・・・

ここ最近、講師資格を取得されるお客様が

すごい勢いで「増えています」!!

当社の社内講師育成プログラムは、

一般社団法人 日本生涯教育協会(JLA)認定のカリキュラムなので、

卒業後テストに合格された方は、JLA認定講師の資格が

付与されるのですが、冒頭の写真はそのライセンス!

(か、かっこいい!)

JLA認定講師の方はサポートシステムによって

ZACから研修プログラムのアドバイスが聞けたり

講師派遣型研修を10%オフで購入出来たりします。

(資格取得後は基本はもう内製化してしまって、

「外部の人から言ってもらったほうが効果的」というものだけ、

当社の講師を使っていただいたりしているところも多いです。)

そんな、最近、注目度が急激に高まっている社内講師育成プログラム。

リピート率91.7%をたたき出す、ZACの研修ノウハウを

そっくりそのまま学べるという大盤振る舞いすぎるプランになっておりますので、

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。

※実はこの社内講師育成プログラム。。。

ZACに入って研修をする際、必ず新入社員が不思議に思う商品の一つです。

(ノウハウ教えたら、研修買ってもらえなくなっちゃうじゃないですか!と。笑)

私もその一人でしたが、そこを出し惜しみせずに、

プロとして進化を続けるのがZACなのだと、私もだんだんわかってきました!

ということで、

新人研修ラッシュの次は、5月、6月と指導者向け研修ラッシュが始まりますが、

気を引き締めて参りたいと思います(^^)!

なんで、「無料」の研修じゃダメなんですか?

IMG_2549

”なんで、「無料」の研修じゃダメなんですか?”

先日、初めてお会いしたお客様からこんなことを聞かれました。

たしかに、医療機関と言うのは、

製薬会社やメーカーが無料で研修会

をやってくれることが非常に多いのです。

(接遇研修などは特にそうです)

もちろん、「質の違い」があるからとも言えるのですが、

実は重要なことはそこではないと私どもは考えています。

冒頭の問いに答えるのであれば・・・

“はい、ダメです!”

と申し上げたい。

なぜなら・・・

有料のものを選ぶからには、スタッフに真剣に受けて欲しい、

120%吸収してほしい、今の課題をしっかり調べて改善したい、

もっと研修の効果が持続するように工夫したい・・・

このように、効果を最大限にするための努力をして頂けると思うからです。

そして講師側もそれに精一杯応えようと努力をします。

無料の研修をする際、ここまで真剣に、

研修を選び、準備をするでしょうか?

私は「できない」と思うのです。

”だからこそ、「無料」のものじゃダメなんです。”

と申し上げました。

研修は「選ぶ」段階から、始まっているのです。

P.S.

ちなみに、この話をさせていただいたお客様からは

「たしかにそうだね、真剣みが違うよね」とおっしゃっていただき、

年間のコンサルのご依頼を頂きました!

頑張ります!4月から1年間宜しくお願いします!