ZACが研修で大事にしていること みっつめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
至誠会第二病院 管理者研修1

ZACが研修でで大事にしていること みっつめ

それは

真の理念浸透が出来ること

 

訪問させていただいた際に、

そんな風に申し上げると、こんなご意見をいただくこともしばしば。

 

「別に普通の会社でも、理念浸透って必要ですよね?」

 

確かに、どんな会社にも理念浸透は必要です。

ですが、一般企業における理念浸透と医療・介護業界におけるそれとでは、全く意味合いが違ってきます。

 

医療・介護業界で働く方々は、

日々、人の「命」と向き合ってらっしゃいます。

「技術への自負・誇り」を抱いていただかなければなりません。

“患者さん、利用者さんのために磨いてきたあなたの知識・技術を、より効果的に活かすための技術や考え方を知る。”

研修とはそういったものでなければなりません。

 

 

私どものいうところの“真の理念浸透”とは、

“組織の問題を、いかに自分事として捉えることができるか”ということです。

 

理念への共感ができている管理者であれば、

そのために必要な自身の役割を精一杯担おうとするでしょう。

それは現場で働くスタッフも同じではないでしょうか。

 

うわべだけの理念浸透ではなく、

理念を成果に落とし込むための理念浸透を。

理念を成果にする楽しさを、誇りを。

 

 

ZACの研修のGOALはここにあります。

コメントを残す

*