久しぶり!?のコンプライアンス研修!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20150707コンプライアンス研修3

「厳しい世の中になってきて、組織や個人の防衛についての具体的な方法を学ぶことが出来て、

大変有意義でありました。益々案件は増えるばかりであり、相談することも尽きないが、

今回は基本的な心構えを色々教示頂いたと思います。

一方的なレクチャーではなく、私ども一人一人の身になって考えてくださった内容に

感心しました。ブレーンストーミングも数分と言う短時間時はありましたが、

見事に引き込まれました。ありがとうございました!」

(病院の院長先生より)

今日は、久しぶり!?のコンプライアンス研修でした!!

(最近、本の影響もあって管理者研修とレジリエンス研修が非常に多かったので、

なんだかんだ1か月ぶりくらいでしょうか!すっごく久しぶりな気分です。)

さて、医療・介護現場における訴訟問題、特に医療ミス等ではなく、

転倒した際の損害賠償、身体拘束に関する訴え等はなかなか難しい問題です。

急性期病院ですとDr向けのインフォームドコンセントの研修が多かったりするのですが、

今回は療養型&介護施設の皆様向けということで、

転倒リスク、身体拘束、虐待問題という3つの側面から

コンプライアンスについて考えていきました。

万が一訴訟が起こった時に自分を守るものは何か?

万が一の訴訟も起こらないようにするには何が必要なのか?

こういった観点から、「一過性」ではなく、

コンプライアンス違反が起こらない文化を醸成するような

プログラムを実施させていただきました。

(担当者様たってのご希望で、とにかく“残る”研修をとのことでしたので、

そこにはこだわって作らせて頂きました!)

担当者様がそこまでの意識を持たれている方だけあって

参加頂いた皆さんの真剣さ、質問の質の高さには講師も驚くばかりです。

普段から気を配って、取り組んでいらっしゃる様子が伺えました!

今後更によくなっていくことは間違いないと講師も太鼓判を押しておりました。

アンケートも皆さま丁寧に書いていただきました!

アンケート8

アンケート6

アンケート5

アンケート7

アンケート1

アンケート2

20150707コンプライアンス研修2

皆さんの取り組み姿勢に刺激を受け、

週の後半も益々張り切っていこうと思えた火曜日の夜です!

ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*