金森,秀晃,代表私にとってこの仕事は人生をかけて取り組みたいと思っているライフワークです。

私の母親は癌で亡くなりましたが、末期の癌患者というのは、とてつもない激痛に襲われて、家族の言葉ですら被害妄想的に受け止めてしまうほど精神的にまいっています。そうした中、お医者様というのは、もちろん悪気はないのですが、そこまでケアをなさらない(今となってわかるのは、お医者様の多忙さと精神的ストレスの大きさです。 そんな中、精一杯のことをしてくださったと今では感じています)。
それを目の当たりにして、私は、そこまでケアできる空間をつくりたい、と決心し、今に至ります。
医療・介護業界における研修・コンサルティング事業は、まさに、私が母親に気付かせてもらった仕事であり、接遇面も含めた医療介護業界における「コミュニケーション」の質の向上、組織活性は、私が命を懸けて取り組んでいくべき「使命」なのです。
ZACのスタッフは、皆、この想いに共感し、私と共に、この使命を果たそうとしてくれています。
初心を忘れず、誇れるスタッフと一丸となり、私の「使命」を果たしていく所存です。